会社運営を効率化して売上UPを目指そう│安否確認や秘書代行の紹介

大きな窓

社員の精神状態を知るには

男性

社員を50人以上抱える企業は、ストレスチェックをすることが義務付けられていますが、その業務は複雑で専門知識を要します。そのため、これをコンサルティング会社に代行させることをおすすめします。

Read More

電話を逃さないために

笑顔の女性

業務拡大などで忙しくて事務作業に手が回らない企業には、秘書代行を雇うことをおすすめします。外回りや電話が鳴り止まないような企業は、お客さんからの電話がとれないことありますが、それを防ぐことができます。

Read More

災害発生時の対応なら

スーツの男性

2011年に東日本大震災が発生して以来、現在でも各地で余震が続いています。比較的大きな地震が発生することは多々あるため、そのとき会社として社員の安否確認をすることはとても重要になってきます。安否確認をするときは、会社から社員がそれぞれ持っている携帯電話に連絡を入れたらいいと安心しないことが大切です。東日本大震災でもそうだったように、災害発生時には様々な人が安否の確認を行ないます。そうなると、最悪の場合回線がパンクしてしまい連絡をとることができません。地域によって状況は異なりますが、災害発生から数時間は連絡が取れなくなることがあります。このような携帯電話に依存した安否確認は、効率が悪く、また安否確認として機能しないことがあるため、あまりおすすめできません。迅速かつ正確に安全を確認するには、できるだけ会社で安否確認システムを導入するといいでしょう。そのようなシステムはできるだけ複数の端末で使用できるものがいいとされています。パソコンからしかアクセスできないものだと、停電が発生していた場合は、使用することができなくなってしまいます。そのため、携帯からでもアクセスが可能なものを使用することが大切になってきます。また、このようなシステムは基本的に災害時にしか使用しないと思います。したがって、普段の業務では存在が忘れられている可能性があります。社員が災害時にシステムのことを思い出して、それを利用させるには、普段からその存在を会社から伝えておくことが大切です。社内の目につく所にポスターを貼るなどをして、災害時にこれを使用するよう伝えましょう。余裕があるときは、災害発生時の訓練などをすると、より効率的に使用することができます。

会社に合ったものを選ぼう

パソコン操作

会社でマニュアルが必要になったという方は、マニュアル作成ソフトを利用しましょう。ソフトにはレイアウトやデザインを自由にできるものがあるため、会社に合ったマニュアルを作ることができるソフトを選ぶことが大切です。

Read More